iPhoneを探す

iPhoneにある探すとは

「設定」→一番上に出ている「名前」→「探す」というのをご存知ですか?
なんとなくこれをONにしておくといざって時に無くした場所がわかるんでしょ?のように思ってると思います。
この機能がオンになっていればできることを書き出します。
●iPhoneの場所を探しあてます。
●iPhoneから音を出します。
●無くしてしまったiPhoneのデータを遠隔消すことができます。
●無くしてしまったiPhoneに遠隔で表示を出すことができます「無くしたので〇〇に電話ください」など。(紛失モード)
●無くしてしまったiPhoneを遠隔でロックできます(紛失モード)

ざっと思いつくだけでこれだけあります。
一つ一つ解説していきます。

iPhoneの場所を探す

まずこの「探す」という機能は他のデバイスと組み合わせて使います。
PCでも、友人のiPhoneでも、インターネット接続ができるAndroidでもなんでもOKです。
WEB上で「icloud.com/found」と検索をしてください。以下のような画面になります。

ここに探したいiPhoneがサインインしているAppleIDとパスワードを入力します。
例:母親のiPhoneを探すために父親のiPhoneを使って上記にアクセスした場合は母親のAppleIDを入力します。
(AppleIDとパスワードを忘れてしまった場合は別の記事で解決方法を紹介します)


サインインが成功するとこのような画面になります。もしくはすでにiPhoneの位置が地図上に記されているかもしれません。

上の方にある全てのデバイスをクリック→見つけたいiPhoneやiPadを選択

この3つのメニューが出てきます。

サウンド再生

文字通り、iPhoneから音を出してここにいるよ!って教えてくれる機能です。
「ケータイなくした!ちょっと電話かけてみて!」て言うのと同じですね。
断続的な電子音がなります。

紛失モード

紛失モードは、オフラインの状態でも最後にオンラインになった場所を地図上で表示してくれます。
ここをクリックするとiPhoneの画面上に表示させたいコメントや連絡が欲しい電話番号が表示されるようになります。
この紛失モードは遠隔でiPhoneの中に入れないようにロックするものです。
ロックを解除するにはAppleIDとパスワードが必要です。

ちなみに誰かにiPhoneを盗まれた場合、この紛失モードがオンになっていれば第3者の手で初期化されたとしてもアクティベーションロックと呼ばれるものが掛かりAppleIDとパスワードを入力しなければ一切使えないiPhoneになります。

iPhoneを削除

これは落としてしまったり盗難にあった際の最終手段です。
遠隔でiPhoneの中身を初期化することができます。
探すをオンの状態で遠隔で初期化が実行されると上記の通りアクティベーションロックがかかる為、iPhone自体を売りに出すこともできなくなります。

探すは充電を使う?

iPhoneはアプリを立ち上げたままにすることで充電の消費が早くなるということはありません。
探すも同様にオンにした状態だとGPS(位置情報サービス)もオンになり、充電の減りが早くなるのでは?と思われている方も多いと思いますがそんなことはありません。
オンにしていて損なことは何一つないので常にオンにしておくことをおすすめします。

AppleCare+盗難紛失プラン

万が一の時の為に、AppleCare+盗難紛失プランに入っている方も多くいると思います。
もしもiPhoneを無くし、新しいiPhoneを貰おうとした時に遠隔で紛失モードをオンにする必要があります。
紛失モードをオンにしiPhoneを無くしたという証拠にし保険を適用させていきます。
そのためにも日頃から「探す」はオンにすることが重要です。

まとめ

位置情報サービス(GPS)とはまた違った働きをしてくれる「探す」機能。
主に盗難や紛失になった際の「保険」だと思って今からでもオンにしてみてください。

        

progress12
  • progress12

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です